BRM622茨木600㎞【準備その1 雨対策編】

2024年度BRM第5戦目は長丁場の600㎞
いつもの川西600㎞とは違う、茨木から金沢の茨木まで行って茨木に帰って来るだけの簡単なお仕事(?)的なブルベだが…

エントリーリストにシャーマンが何人いるんだよ(笑)
曇り時々雨であり、雨ブルベ不可避だ…

そんな雨の600㎞、忘れもしない2021年の紀伊半島600㎞のReverseブルベ
尾鷲過ぎてからド深夜の紀伊半島で雨に打たれ、激坂と空腹で心折れ、那智でDNFに至った時、雨対策と言う雨対策はしてなかったし、去年の川西600㎞は福井から彦根過ぎるまで雨に祟られたので、雨対策を万全にしておこうと密林と江南…違った(;’∀’)コーナンで色々と調達した

その①前後フェンダー

全体
前輪
後輪

レインウエアも重要だが、バイクのフェンダーこそ重要視すべきアイテムではなかろうか?
今回は雨でも行けるところまでは行くのと、自身と後続車に雨しぶきを飛ばしたくない(これ怠ると自身のK門が…)ので空力を多少犠牲にしてでも快適性を追求した
このフェンダーの取り付けはフレームに応じたゴムで止めてフェンダー角度を微調整すれば比較的簡単に取り付け可能である
又、フェンダー延長も容易であり、後輪のみ約10cm延長
後輪からの水しぶきはシャットアウトだ!

RBRL ロードバイク用 フェンダー,クイックリリース調整可能 クロスバイク 泥除け,ロードバイク、グラベルバイクに適しています

その②テムレス手袋

雨ブルベで指切りグローブのままだと、指先が冷えたり、指がシワシワになったりしてしまいパフォーマンスに悪影響が出かねない
またシフトチェンジ、ブレーキ操作で指が滑ったり…するかはわからない
これをしておけば多少蒸れるが、雨は凌げるであろう
また、パンク修理等でも重宝する万能性を持つ手袋、初投入である

コーナンで買ったのだ

その③セームタオル

雨だけど、普通のタオルだと嵩張るし、濡れたままで乾かないので吸水性を重視
濡れた身体を拭いた後、洗って絞れば繰り返し使えるので、今回初投入である

S4R(エスフォーアール) セームタオル 水泳 セイム タオル 大判 大 (80cm×30cm) 横長 背中が拭ける 高吸水 スイムタオル 洗車 旅行 スポーツ 暑さ対策 (青(大サイズ))

その④マリンシューズ

これはのっぴきならない諸事情やトラブル等、健闘空しくDNFした場合の話
ビンディングシューズで輪行移動は流石につらい…
ましては長距離の移動では脚に来るであろう
昨年のBRM916京都600㎞を各務原でDNFした時、真っ先にクロックス的な履物を購入したのは言うまでもない(今その履物は会社で使用中)が、イチイチ買ってたら無駄に履物ばっかり増えてしまう
なので、収納性を重視し水陸両用のマリンシューズをサドルバッグに収納した
欠点は靴底が薄い…あってない感じだ(履いたことないが)

で、実際出走するの?

今期SRにリーチがかかるので、これまで経験した雨ブルベにおける技術の引き出しをフル活用する
安全第一、ヤバければDNF(でも、金沢には行く)これ、鉄則
とにかく無理しない
無理なく事故なく頑張るのみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました