takataka's lab

貧の脚でSRを目指す奮闘記

【2022 BRM series】大願成就!BRM611川西600㎞ Day2

おはようございます

朝3時頃、何となく寝れた感じで2日目のスタート準備

朝食・入浴・身支度と荷物を纏めてフロントへ配送依頼

4時チェックアウト、残り270㎞(推定)頑張ろう

初SRの為に

 

フォトコントロール

永平寺激坂攻略戦

福井の仮眠地ホテルを出て、フォトコントロールに指定されている永平寺を目指す

国道416号線と県道を走ると、眠気をぶっ飛ばす永平寺への登りが始まる

まだ体の細胞が目覚めていないのにこの仕打ちかよ・・・と毎度毒を吐きながら到着

尚、行程管理しているブルベマネージャーによると、【想定通過チェック時刻を過ぎている】との事

もう30分早く出るべきだったか・・・

永平寺にある日本曹洞第一道場の石碑をバイクとともに撮影

道中、福井市内で仮眠された方々もそれぞれスタートし、そして坂道で置いて行かれ、またどこかで出会うの繰り返しでゴールの箕面市役所を目指していく

だが、永平寺を出てから突如現るつづら折れの激坂

川西600㎞ブルベは楽・・・んな訳なかった

通過チェック

PCから通過チェックに変更

永平寺の次は南条のファミマ

前年度の同ブルベではPCに指定されており、福井で仮眠取るも永平寺の想定close時間超過すると南条でタイムアウトになるトラップであったが、今年度は何と!通過チェックに変更されたことにより永平寺で遅れても南条で遅れても、気合と根性あればその先長浜のPCまでには挽回可能である

永平寺出てからの激坂と睡魔でパワーダウン、急遽道の駅で10分程仮眠決行して復活

眩しい朝日を浴びて南条の通過チェックをめざす

たかが電池カバーをなくしただけだ!

建設中の北陸新幹線延伸区間と田園風景を眺めながら快調に走っていたのだが・・・

突然ケイデンスとパワーメーターの数値が表示されなくなる事態が発生するも、たかが、ケイデンスとパワーメーターが表示されないだけだと言い聞かせ、脚の感覚を研ぎ澄ましながら残り約200㎞を走ることになった

イメージ

原因はパワーメーターの接触不良処置時、電池カバーが緩んだ為である

去年のBRM703茨木400㎞でもやらかしたトラブル、アリエクで2個発注したのは言うまでもない

PCだったらかなりギリギリ隊

トラブル発生しながらも無事南条のファミマに到着

仮にPC設定だと7:45Close、貯金14分のギリギリ隊であり、スタート遅れて永平寺でくたばっていたら確実にアウトだろう(2019年同ブルベの場合)

PC5

北陸本線廃線跡

南条から今庄まで南下し、北陸本線の旧線跡の登りへと突入する

北陸本線(旧線)山中TN

今現在は北陸トンネルが開通しているが、開通前は険しい勾配区間をあえぎながら列車が行き交っていたとの事で、旧線上のトンネルは当時の姿のまま後世に留めているのである

現役だった頃の旧線

幾多のレンガ造りトンネルを超えると越前海岸と日本海を見下ろせるポイントに着く

晴天下に広がる越前海岸

前日はひたすら北上していたんだなぁ・・・と

福井藩ブルベ参加者との遭遇

旧線のピークから一気に下り、再び敦賀を目指すその向かいからワタシが駆け下りてきた旧線へのヒルクライムに奮闘するランドヌールとスライドした

その方々はオダックス近畿福井藩主催の300㎞センチネルブルベ、焼き鯖朝定食の前日23:00スタートの方々である

それだったら、前日小浜で焼き鯖食べるチャンスあったかも知れなかったなぁ(向風にキレそうになってたから全然考えつかんかった)

ビワイチエンジョイ勢と虚無僧なランドヌール

長かった福井県を脱出、国道8号線から琵琶湖を目指す

滋賀県突入

県境越えのヒルクライムを終えれば勝手知ったる琵琶湖を湖北~湖東~湖南で下っていく

気温が上昇し、疲れが増してくる頃、西浅井のローソン屋敷で少し休憩を入れる

ローソン屋敷で出会ったビワイチ中の方から「何キロのブルベですか?」と尋ねられ、すかさず「600㎞です!(`・ω・´)キリッ」とドヤ顔で返答してしまった

前回の400㎞では真っ暗で何も見えなかった琵琶湖

晴天で最高の景色でかつ湖北から長浜までは追い風が強烈にアシスト

すれ違うビワイチエンジョイ勢とすれ違いながら長浜のセブンに到着

南条で15分しかなかった貯金を、爆風追い風アシストを受けて56分まで回復したが、時々眠気も襲うようになった

コンビニでワイワイガヤガヤなビワイチエンジョイ勢と、その傍らで虚無に佇むランドヌール

それでもロングライドを愛しているのには変わりないよね

PC6

強烈爆風向風地獄

長浜のセブンを出発して異変が起こる

追い風だったはずの風向きが突如向風に変わり、眠気もありパワーダウン

フラフラになりながら目の前のコンビニに緊急ピットインして仮眠決行

(もう、このままDNFして輪行したい・・・)

15分ほど横になったらスッキリした

ここから風向きが目まぐるしく変わるが、追い風を感じたら一気にペースアップした

BIWAKO再び

いつものBIWAKOモニュメン到着

道中で昼食など予定していたが、予定より2時間遅れておりモニュメント以外は通過した

前回の400㎞は真っ暗

プライベートビワイチでは朝日

今回は昼下がりの暑い頃の到着であった

長居していたら久御山のPCに間に合わない、先を急ごう

ダウンヒルなのに・・・

モニュメントから給水&etrexのバッテリーが切れたので電池購入して瀬田唐橋までさらに南下するが、夕方になるにつれて渋滞が発生する

400㎞の時は快調だったが、今回は夕方以降発生する渋滞峠が曲者である

瀬田唐橋から初の宇治川ラインへ入る

途中の自販で給水(麦茶)し、宇治川沿いを目指すのであるが、アップダウンに爆風向風が襲うとんでもない事態に!ダウンヒルなのに向風に押し戻され全くバイクが走らない、終始漕ぎっぱなしの刑に処されさらに疲弊してしまう

etrexを見て「早く宇治駅あたり来ないかな・・・」とひたすら耐えるとようやく爆風アップダウン地獄から解放されて久御山のセブンに到着した

気になる貯金は2時間11分まで回復、長浜から1時間20分程巻いた

ゴールの制限時間まで残り4時間15分、約30㎞あれば事故トラブルに遭わない限り完走は堅い

ゴールまで皆で走りたいと思ったが、初の600㎞完走・初のSRの実感を嚙みしめたく一人ゆっくり走ることとした

GOAL

最後の力を振り絞れ

久御山のPCを出発。残り30㎞程であるが、夕方の国道171号線は渋滞峠&信号峠に加えここまでの疲労蓄積が積み重なりペースが上がらず到着時間がどんどん遅れていく

沿線のJR・阪急の駅近くに来たら「あ~輪行してぇ、しんどい~」と思う事があったが、残り距離が30㎞・・・20㎞・・・10㎞と着実にゴールへ歩みは進んでいる

残り10㎞を切り着々と減る残り距離、最後のアップダウンはもうヘロヘロでゴール直前DNFの予感がするくらいヤバかった

ブルベに参戦して3年間色々あった

何もわからぬまま変態ランドヌール界に飛び込んだ2019年1月の200㎞

大台ケ原の地獄ヒルクライムに苦しんで初完走した事

生石高原&護摩壇山にお見舞いされて初DNFした事

初600㎞で気力体力尽きてDNFした事

コロナ禍で出走自粛期間や延期等があったが、完走してもDNFしても次回への教訓に生かす事は欠かさず、今回は事前の計画を綿密に組んだ

そして、その思いは完走と言う名の形で結集する

大願成就!600㎞初完走&初SR

気力体力の全てを尽くし、602㎞の闘いが幕を閉じる

ゴールのファミマ(箕面市役所前)に到着し、本能のままにレシートを取得する

到着 6/12 20:25

所要時間 38時間25分(+1時間35分)

昨年DNFした紀伊半島Reverseの600㎞の雪辱を果たすと共に、初めてのSR(Super Randnool)獲得となる

変態の更なる変態の領域へ・・・

最後に

今回の完走はSNSで応援してくれた皆様

店舗等で出会った方々

同じ600㎞を励ましながら走られた皆様

相棒をしっかりメンテして頂いた御贔屓のショップ

そして、初SRを目指し苦楽を共に戦った相棒へ

ありがとう